殖してしまうので

現代の家庭には、どの家庭にも洗濯機がある。 私たちの生活を便利にするだけでなく、時間の節約にもなります。 しかし、清洗洗衣機便利な反面、その衛生面にお気づきでしょうか? 洗濯機は時間が経つと、洗濯物の菌や糸、汚れなどが洗濯機の中にたくさん溜まってしまいます。 汚れがたまりすぎると、洗濯物に付着したり、洗濯機のドラムの角が汚れたりすることがあります。 長い間掃除していない洗濯機は、トイレよりも汚いと言えますし、そんな洗濯機から出てくる衣類は、あまりきれいとは言えません。 では、洗濯機の掃除はどのようにすればよいのでしょうか。 今日はちょっとしたコツをご紹介します。 隅々まで掃除するために取り外す必要がない〜。

1、まずタオルを200mlの白酢で濡らし、直接洗濯機のバレルに入れ、脱水処理モードを渡すことを選択し、洗濯機のビジネス内部管理は、ロールアップに表示されます、タオル上の白酢は、より均一に洗濯機の内側の管壁に投げ、その後1時間放置し、白酢と洗濯機の内側の汚れとまたは分析反応用ようにします。 白酢は酢酸を多く含み、汚れを柔らかくするのに非常に適しています。

2時間後、タオルを外し、水500mlに重曹50gを入れ(1:10)ます。よく混ぜる。洗濯機に注ぎ、洗濯モードをONにして最高水位に設定し、5分間通常運転した後、電源を切って2時間浸漬する。

2時間後、洗濯機のドラムの中にたくさんの汚れが浮いているのが見えますが、これは通常、洗濯機の中に残っている汚れで、本当に嫌な顔をしています。 汚れが多くなってきたら、何度か水を替えて洗うとよいでしょう。

ヒント:下着の洗濯は一般家庭で3ヶ月に1回程度ですが、定期的に洗濯しても洗濯機にはどうしても菌が繁殖してしまうので、なるべく手洗いをするように皆に伝えてください。